ご意見・ご感想
「税理士なるため.org」 タイトル画像

税理士になるための情報満載!税理士試験突破のために参考サイト「税理士なるため.org」

「税理士なるため.org」
 
「税理士なるため.org」 受験要綱
「税理士なるため.org」 受験科目
「税理士なるため.org」 税理士法
「税理士なるため.org」 税理士法
 
「税理士なるため.org」 携帯サイトのお知らせ
 

税理士とは、税に関連するスペシャリストです。また、代表的な国家資格でもあります。普段から税に接している私たちからしても、税理士は馴染みのある職業だと言えます。日本ではサラリーマンが確定申告を行うことはあまりありませんが、自営業などの場合などは確定申告が必要になります。しかしながらも、誰もがあの数字だらけで難しい申告書類を作成したり出来る能力があるわけではないのです。そんな時に税理士にお願いする人も多いと思います。このように税理士は少なからぬ人にとって身近であり、なおかつ欠かせない存在だと言えるでしょう。
このページでは税理士の業務について具体的に見ていきます。

1.税務の代理
税理士の代表的な業務の第一には「税務の代理」があります。これは税理士が依頼者に代わり確定申告を行ったり、青色申告の承認申請を行ったりする業務のことです。尚、税務署の更正決定等に対する不服申し立てを納税者に代わって行う事もしばしばあります。ちなみに税務調査に立会うことも可能です。税理士は税務代理をする際には、依頼者から委任状を貰い税務官公署に提出をしなければなりません。
税務代理に際しても税務官公署の職員と面接する場合は必ず税理士証票を呈示しなければならない義務があります。

2.税務書類の作成
税理士、第二の業務は「税務書類の作成」があります。これは税務署等に提出する税務書類を税理士の監督責任において作成をします。税務書類には、確定申告書、または青色申告承認申請書などがあり、税務書類を作成して税務官公署に提出する場合にはその書類に税理士本人の署名押印をしなければいけません。

3.税務相談
税理士の第三の業務には「税務相談」があります。これは税務官公署に対する申告や主張、陳述、および申告書等の作成に関しての所得金額や税額の計算等、税金に関するあらゆることについての相談に応じることが出来ます。この税務代理、税務書類の作成、税務相談の業務は税理士のみの業務独占資格になります。これについては有償、無償を問わずに税理士以外では行えないとされています。

4.会計業務
税理士、第四の業務としては「会計業務」があります。これは税理士業務に付随し、財務書類の作成、および会計帳簿の記帳の代行などを行います。

5.税務訴訟において補佐人となる業務
第五の税理士業務としては、「税務訴訟において補佐人となる業務」があります。これは税理士は税務訴訟においての訴訟代理人(弁護士)とともに出頭・または陳述し納税者の支援を行えます。また、税務訴訟における保佐人としての業務については近年、法改正が行われたばかりです。

 

Valuable information

プラウド(野村不動産)
http://www.proud-web.jp/
シザー
http://www.cutwig.jp/