ご意見・ご感想
「税理士なるため.org」 タイトル画像

税理士になるための情報満載!税理士試験突破のために参考サイト「税理士なるため.org」

「税理士なるため.org」
 
「税理士なるため.org」 受験要綱
「税理士なるため.org」 受験科目
「税理士なるため.org」 税理士法
「税理士なるため.org」 税理士法
 
「税理士なるため.org」 携帯サイトのお知らせ
  「税理士なるため.org」 HOME

税理士とは皆さんどのようなイメージがありますか?税理士とは簡単に述べますと、消費税や所得税、および相続税などを扱う税務のスペシャリストなのです。
身近なところから言えば、あなたが買い物のたびに支払う消費税や、給料から毎月引かれる所得税などなど、生活と税金は普段からとても密接に関わっています。
また、会社設立をしている人ならご存知かと思いますが、会社の場合だと税金の扱いはさらに複雑化しているため、会社の社長の代わりに様々な税金の手続きをしたり、または税務の相談にのったりすることが税理士の主たる仕事なのです。こらからわかるようにも、税理士の顧客は主に中小企業の社長です。
尚、社長の方から本音を言わせれば、税理士に会社のお金の動向などの人には普段絶対見せたくない部分を見せなければいけません。
もし税理士として着実に仕事をしていくには、会計や法律の知識だけではなく、誠実である人間性や対話のコミュニケーション能力も必要不可欠になってきます。

しかし最近では、パソコンの財務ソフトなどの著しい普及により、税務は極力自社でこなそうとする中小企業が年々増えてきているので、財務ソフトに負けないコンサルティング能力及び、高いコミュニケーション能力が今後絶対可欠なのです。サイトから税理士を探す方も多いです。
また、税法は年々改正されます。これは税理士にとっては仕事をこなす以上、一生勉強が続くということを意味します。この点から逆に素人には非常に扱いにくい分野ともいえます。
その点もありますし、税理士の需要がなくなることなどは今後も確実にないでしょう。

あなたが今後もし税理士の資格を得るためには、税理士試験合格と2年間の実務経験が必須になってきます。
試験合格後、そして実務経験はどちらが先でも良いのですが、実務経験を得るのためにはまずは会計事務所などに勤めながらスクールに通う人も多々います。
しかし、実務と試験の内容はとても大きく異っているため、体力的にも非常に厳しく、その分試験の合格に要する期間が長期化になるケースも危ぶまれます。
まずはひたすらに2〜3年間勉強に専念し、始めに税理士試験に合格する方が結果的には近道なのかもしれません。
また最近では特に、女性の税理士が増えてきているのも今後の新しい風流なのかもしれませんね。

おすすめWEBサイト 5選

税理士 大阪

税理士 岐阜

中野区 家族葬

最終更新日:2018/2/5